9月に入って、久しぶりの遠征ができました。
場所は、半年ぶりとなるでしょうか、栗矢天体観測所としました。

阿智の星見小屋でも撮影をしていたので、同時に2箇所での撮影となりました。
星見小屋では長焦点なので、こちらでは広い視野と決め、対象を選びました。
ケフェウス座のウィザード星雲は、以前星雲に絞ってナローで撮影をしていますので、
今回は、その周辺の様子も入れてみました。

Hα撮影は問題なく終わったのですが、OⅢ撮影から薄雲の通過が始まり、
2時前で曇りとなってしまいました。
AOO合成にて処理をしたのですが、星雲の無いところに、暗黒部分の存在が
分かりました。

今後、SⅡを撮影したいと思っているのですが、これで終わりとするかもしれません。

WZ-A16-AOO-2-ps-nik_r-rgb-si2-ps2s

撮影日 2020年 9月14日
撮影地 長野県 栗矢天体観測所

FSQ-85ED with RD
SX-46 (-20d)
Hα   10min x 14
OⅢ 15min x 10
ALL 1bin

8月は 阿智の星見小屋で ハート星雲の中心部にある散開星団 メロット15を
3晩ついやして撮影しておりました。
淡いハート星雲において、最も明るい部分であるので、暗い長焦点でじっくりと狙ってみることを
考えて、撮影をしました。
初日は、月明りの中、Hαフィルターにて露出時間20分で撮影したのですが、星雲部分が
しっかりと写ってくれました。
2日目は、月明かりの無い中で、OⅢフィルターで露出30分で撮影することで、星雲部分は
どうにか写っていました。
最後の日は、月明りは無かったのですが、薄雲の通過の中で、SⅡフィルターで露出30分で
撮影したのですが、写りの良い画像でも、ほとんど星雲部分は見えていません。

画像処理は、基本SAO合成ですが、SⅡ画像の星像がHα画像に比べて大きいので、
最終的には、SA画像をL画像として LSAO画像にて仕上げています。

この領域は、誕生してから150万年前の若い高温の星たちと暗黒星雲からなり、
そこから高エネルギーの光が放出されているとのことです。

そこで、メロット15を 「灯の始まり」と呼んでみることにしました。

HT-SAO-MON-SAO-RD2-ps-nik-si-3_b-rgb-ps-si-ps3-ps-si2


 
撮影日  2020年8月11日~
撮影地  阿智村星見小屋
μ250CRS with RD
SX-814 (-20℃)
Ha: 20m x 13、
OⅢ: 30m x 10
SⅡ: 30m x 8
all 1bin

  連日の猛暑の中、疲れのためか体調が不良ですが、RAT-48が届きましたので、
ご報告を致します。
 今回のテーマは「名前」でした。
 聖書から神の名前そのものについて取り上げてみることも考えたのですが、
800字程度には収まらないので、祈りにおいて呼ばれる父なる神の名前、
すなわち「御名」について触れました。
 父なる神の御名を呼ぶ人は、神の子でありますから、そこから
胎児星雲へと繋がった訳です。

 さて、次回のテーマは「魚」です。
 魚から天文を考えるならば、うお座が連想されます。
 うお座に位置する星雲、銀河を考えながら、来月あたり
撮影できればと願っているところです。
 
 RAT-48-PH


↑このページのトップヘ