7月に入って、本格的な梅雨の豪雨となっています。
今後の各地での災害発生が心配です。
さて、6月末、梅雨の晴れ間に撮影に行くことができました。
当日の予報では、午後8時から快晴のはずでしたが、10時を過ぎても
雲の通過が激しく、11時から漸く撮影ができました。
日中の仕事の疲れで、12時前には寝てしまい、起きたのが5時、
3時までの撮影は予定通り終了しており、ほっとしました。

今回は3年前に撮影したM27のデータにOⅢデータを加えるためのものでしたが
ほぼ予定していたデータを得ることができました。

処理方法は、HαとOⅢデータからそれぞれに処理を行い、特に、星雲周辺の淡い広がりを
炙り出してから、AOO合成しました。
星雲本体は、前回のLRGBデータを使用しています。
OⅢデータが加わると、あれい状星雲に翼が付いた様に見えます。


M27-RGB-AOO-10-ps_r-rgb-nik-si-ps-si-ps3-vz

撮影日  2018年6月28日
撮影地  阿智村星見小屋
μ250CRS with RD
SX-814 (-20℃)
Ha: 30m x 8、 OⅢ: 30m x 7
L: 10m x 6
R: 15m x 6
G: 15m x 5
B: 15m x 7
all 1bin

梅雨の最中、RAT-47が届きました。
テーマは「人生」。
自らの半世紀を超える人生を振り返りながら、聖書の存在を考えてみました。
聖書を律法の書、道徳の教科書、生き方のテキストとして読んでいた時代から、
福音の書、喜びの知らせ、希望の光として読むことができるようになってから、
生きることが楽になったように感じます。

人間同士の衝突も、背後におられる神様が、
最善に変えて下さることを信じていこうと思う。

さて、次回のRATのテーマは「名前」。
星の名前、星座の名前、星雲の名前等、宇宙には名前が溢れています。
メジャーな名前の星雲からマイナーな名前の星雲まで色々ありますが、
その中で、何を選びますかね。
楽しみながら、考えてみます。


101145086_3234557816578385_3076511793116348416-s_n



6月に入り、梅雨の中ですが、晴れ間に長野まで遠征をすることができました。
本年最初のTOA130を使用して、白鳥座のプロペラ星雲を撮影しました。

初日は、月の明かりが強く、心配したのですが、Hα画像は詳細な写りで問題ありませんでした。

二日目は、月は小さいものの、雲の通過が激しく、写りの悪いSⅡ画像が何枚かありましたが、
ほぼ期待した枚数を得ることができました。

三日目は、月の明かりはなく、快晴の中、良好なOⅢ画像を予定通り得ることができました。

プロペラ星雲は、水素輝線が最も強く、次に硫黄輝線で、酸素輝線は大変に弱いですが、
OⅢ画像を慎重に処理するとその分布が見えてきます。

SAO合成にて処理をしていますが、カラーシフトを丁寧に行うことによって、
SⅡ画像から薄い赤色を写し出すことができました。

111-A10D-S10A10O14-D3-ps_g-rgb-nik-si2pssi

撮影日   2020年6月8日、15日、16日
撮影場所  長野県 阿智村 星見小屋
TOA130NS with RD
SX-814(-20d)
Hα: 1200s x 10
SⅡ: 1200s x 10
OⅢ: 1200s x 14

↑このページのトップヘ