今月初めに、あららぎ高原で撮影することができました。
久しぶりの晴天ということで、現地には数名の方が集まっていましたが、
中には、遠く、東京からの方もみえていて、楽しい星撮りとなりました。
幸い、予報通り、晴れの夜空で、風もなかったのですが、夜露に悩まされました。

今回は、貴重な夜空なので、無理して、250mm反射と、85mm屈折の2台体制としました。
月が沈むまでは、250mmに冷却CCDでナローバンド撮影を行い、
その後、85mmにデジタルカメラで撮影を行いました。

85mmの撮影は、悩んだ末に赤い星雲の代表であるカリフォルニア星雲とし、
周辺の分子雲も写す目的で、星雲を若干上側においた構図としてみました。

写真では、カリフォルニア星雲の左側が良く写し出されているように思います。
分子雲は、右下に特に濃い斑点部分が認められます。
この構図で良かったのではないかと思います。


イメージ 1

撮影日 2016年9月9日
FSQ85ED with RD
D810A  ISO 1600
480S x 20