昨年、撮影した画像を漸く、仕上げてみました。
大きく、淡い超新星残骸のシメイズ147です。
2年ぶりの撮影となりましたが、今回は酸素輝線を
撮影して、AOO合成で処理してみました。
前回は、水素輝線とRGBの合成でしたので
それと比べると細部がしっかりと写り、カラフルとなっています。

今回は、初めて画像処理にPixInsightを使用してみました。
ステライメージで処理した画像をPixInsightに取り込んで処理したのですが、
やはり良い効果が出ています。 

S-147-A24D-A24O10O10D-pk_r-rgb-ps-2-si-ps-si-s



2019年11月29日 21時40分~
長野県阿智村にて撮影

FSQ85ED with RD
SX-46(-30d)
Hα:   900s x 24
OⅢ: 1200s x 10