1月に入って、惑星状星雲を二つ撮影していたのですが、
その中の一つ、メデューサ星雲が出来上がってきました。
本星雲は、何回か撮影していますが、今回は、星雲の右上の
淡い広がりを写し出すことを狙いました。
星雲本体は大くき明るいのですが、周囲の部分は大変に淡いので
新月期に時間をかけて撮影しました。

撮影画像から、淡い部分は、右上だけでなく、左上にも広がって
いるようです。

画像はAOO合成とRGB合成を比較明合成したハイブリッド画像です。

MD-A14-AOO-RGB-2-2-ps-si2-ps2-2-si2

撮影日:  1月1日、5日、21日
撮影場所: 長野県阿智村 栗矢天体観測所

Orion 25cm F4 with  Paracorr2 (F4.6)
SX-814(-30d)
Hα:  15min x 14
OⅢ:15min x 16
RGB: 10min x 4
ALL 1bin