カテゴリ: その他

月刊星ナビに今月も掲載して頂きました。
今回、送っていたのは、掲載された作品のみで、
他の月刊誌にはいつものように送っていませんので、
落選したものはなく、とても爽やかな気持ちです。

IC434:馬頭星雲は以前、同じようにSAO合成で掲載されていましたので、
更に広い範囲として、NGC2024:燃える木を含めてみました。

他のSNSにて多くの方の高い評価を頂いていた作品でしたので、
掲載となり安堵しています。

さて、コメントでは、馬頭星雲を評価して頂いていますが、
私としては、燃える木あたりも気に入っております。

今月の星ナビは、銀河特集で、大変に興味深い内容となっています。
その中で、田中賢幸(国立天文台)さんの文章に励まされました。
「目に見える可視光だけでなくHαやOⅢなどの波長をとらえたり、丁寧な画像処理を行ったりして
宇宙の本当の姿をあぶりだす - これは天文学者が日々やっているのと同じこと。」

とかく、ナロー作品は、芸術的であって、科学的ではないと指摘を受けるのですが、
宇宙の本当の姿をあぶりだす作品でもあることを教えられ、とても嬉しく思いました。

今回、投稿した写真を掲載します。

BT-A24D-S10A24O12D-HOSHINABI-ps


昨日、雨の中、RAT-45が届きました。

裏表紙を真っ先に見ましたが、少し濃い目ではありますが、
良好な印刷で安心しました。

テーマは、今年の干支のネズミということで、知恵を絞って、
旧約聖書の言葉と新約聖書の話を結び付けて、神の器について書きました。
その器から連想して、天体写真はミルクポット星雲となった次第です。

私としては、上手く結び付けることが出来たと思っている訳ですが、
読まれた方は如何でしょうか。

さて、次回のテーマは「飛行機」です。
これも聖書の話と天体写真を結び付けるには苦労がいるようです。
4月1日の締切まで、残り、一月となりましたので、そろそろ真剣に考えます。

82967548_2936700409697462_1188455469853704192_nnon






先月に続いて、星ナビに掲載して頂きました。
今回は、2作品を投稿していたのですが、カペラ付近の淡い星雲たちの
方は落選となりました。
多分入選はHFG1&Abell6の方だろうなと思っていたので、
その通りの結果となったわけです。
淡い星雲のために、撮影から画像処理まで苦労したので、結果を残すことができ良かったです。
また、昨年入手した鏡筒ε-160の最初の入選ともなりました。

そろそろ、春の銀河の季節ですので、系外銀河を考えていますが、
その前に、1月に撮影した惑星状星雲の処理をしなくてはなりません。

投稿した写真を掲載します。

HFG1-A14O10D-HOSHINABI



少し遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
昨年末から新年の本日、6日まで天気が良く、何度か遠征に行くことができました。
そのため、ブログのほうの更新ができない状況でした。
遠征と言っても、主に阿智の星見小屋なので、機材の運搬もなく、楽ですが。
全4日間で3日晴れという結果で、成果については、ぼちぼち掲載していきます。

ENZDeqrU0AU4MCl-2

さて、今回は、星ナビ2月号のギャラリートップ一面に掲載されましたので、
その報告をさせて頂きます。
胎児星雲は、以前、全体像を撮影していたので、今回は中央部を写し出した
のですが、そこが評価のポイントにもなったようです。
前々回に掲載された北アメリカ星雲と同じ機材、同じSAO合成処理でしたが、
こちらの方が暗い星雲のために、画像処理が難しかった印象があります。
また、3日間の撮影のなかで、2日は撮影時の夜空も良くなく、苦労しながらの撮影でしたので、
一面掲載には、苦労が報われた喜びがあります。

2017年にリング星雲M57がギャラリートップ掲載となり、今後はもうないだろうなと思っていたので、
正直、驚いています。
しかし、これで、満足しないで、更に上を目指して作品を造ることができるように
励んで行きたいと思っています。

星ナビに投稿した写真を掲載しました。

1848-HOSHINABI






2019年 大晦日の午後にRAT44が届きました。
今回のテーマは「感謝」、年末に相応しいテーマだと思いました。
いつも星空を見るたびに、そこに星座があることを感謝しています。
今の季節、オリオン座を見ると、勇者オリオンの姿が思い出され、
元気をもらっています。
また、北斗七星から北極星を見つけると、揺れ動く心に安心感が与えられます。
このような宇宙の星を造られた、創り主なる神のことを考えると
自然と感謝の心が生じてきます。

イーグル星雲の星形成領域は、今も、星が造られていることを
私たちに強く示してくれています。

本年も、沢山の天体写真を撮影することができ、多くの方にそれらを見て頂き、
少しでも喜んで頂くことが出来たならば、大きな喜びです。

最後に、一年間このブログに訪問して下さった皆様方に感謝いたします。

78222456_2817530514947786_2010944962622914560_n






↑このページのトップヘ