カテゴリ: 星雲・銀河

9月に入って、久しぶりの遠征ができました。
場所は、半年ぶりとなるでしょうか、栗矢天体観測所としました。

阿智の星見小屋でも撮影をしていたので、同時に2箇所での撮影となりました。
星見小屋では長焦点なので、こちらでは広い視野と決め、対象を選びました。
ケフェウス座のウィザード星雲は、以前星雲に絞ってナローで撮影をしていますので、
今回は、その周辺の様子も入れてみました。

Hα撮影は問題なく終わったのですが、OⅢ撮影から薄雲の通過が始まり、
2時前で曇りとなってしまいました。
AOO合成にて処理をしたのですが、星雲の無いところに、暗黒部分の存在が
分かりました。

今後、SⅡを撮影したいと思っているのですが、これで終わりとするかもしれません。

WZ-A16-AOO-2-ps-nik_r-rgb-si2-ps2s

撮影日 2020年 9月14日
撮影地 長野県 栗矢天体観測所

FSQ-85ED with RD
SX-46 (-20d)
Hα   10min x 14
OⅢ 15min x 10
ALL 1bin

8月は 阿智の星見小屋で ハート星雲の中心部にある散開星団 メロット15を
3晩ついやして撮影しておりました。
淡いハート星雲において、最も明るい部分であるので、暗い長焦点でじっくりと狙ってみることを
考えて、撮影をしました。
初日は、月明りの中、Hαフィルターにて露出時間20分で撮影したのですが、星雲部分が
しっかりと写ってくれました。
2日目は、月明かりの無い中で、OⅢフィルターで露出30分で撮影することで、星雲部分は
どうにか写っていました。
最後の日は、月明りは無かったのですが、薄雲の通過の中で、SⅡフィルターで露出30分で
撮影したのですが、写りの良い画像でも、ほとんど星雲部分は見えていません。

画像処理は、基本SAO合成ですが、SⅡ画像の星像がHα画像に比べて大きいので、
最終的には、SA画像をL画像として LSAO画像にて仕上げています。

この領域は、誕生してから150万年前の若い高温の星たちと暗黒星雲からなり、
そこから高エネルギーの光が放出されているとのことです。

そこで、メロット15を 「灯の始まり」と呼んでみることにしました。

HT-SAO-MON-SAO-RD2-ps-nik-si-3_b-rgb-ps-si-ps3-ps-si2


 
撮影日  2020年8月11日~
撮影地  阿智村星見小屋
μ250CRS with RD
SX-814 (-20℃)
Ha: 20m x 13、
OⅢ: 30m x 10
SⅡ: 30m x 8
all 1bin

8月に入って、天気も変動し、大きな仕事も加わり、遠征に行けても
画像処理が追いつかず、ブログの投稿が開いてしましいました。
これから、少しづつ載せていきます。

先ずは、最近、入手したASI2600MC PROの運用からです。
撮影ソフトはSharpCapを使用しています。
今回、フィルタ―は、Optolong L-eNhance Filter-2"を付けてみました。
やはり迷うのは、デジカメと違い、Gainの設定があることです。
カメラの説明文では、100が推薦されていますが、それでは30秒程度の撮影でPC画面に
星雲が写らないので、上げていき、600辺りで撮影対象の構図を決めています。

実際の撮影では、初めに5分間撮影と決めていましたので、それに合わせて
手探りでGainを変えて、撮影画像から550としました。
HαとOⅢだけを通すフィルターを使っていますので、Lフィルターだけの使用であれば、
Gainはもっと低くした方が良いでしょう。

今回は、テストということで、1時間程度の撮影でしたが、鮮明な写りの様ですが
詳しく見ると、写真に粗さが目だちます。
次回は、このフィルタ―を使うならば、一枚10分間程度の撮影で、Gainを低くして、撮影枚数も増やして撮影してみたいと思います。

KUWA-16CRDCps-nik-jp

撮影日 2020年8月16日
BORG 71FL+7872 288mm  F4.1
ASI2600MC PRO (-5℃)
Gain 550
300s x 16




7月に入って、本格的な梅雨の豪雨となっています。
今後の各地での災害発生が心配です。
さて、6月末、梅雨の晴れ間に撮影に行くことができました。
当日の予報では、午後8時から快晴のはずでしたが、10時を過ぎても
雲の通過が激しく、11時から漸く撮影ができました。
日中の仕事の疲れで、12時前には寝てしまい、起きたのが5時、
3時までの撮影は予定通り終了しており、ほっとしました。

今回は3年前に撮影したM27のデータにOⅢデータを加えるためのものでしたが
ほぼ予定していたデータを得ることができました。

処理方法は、HαとOⅢデータからそれぞれに処理を行い、特に、星雲周辺の淡い広がりを
炙り出してから、AOO合成しました。
星雲本体は、前回のLRGBデータを使用しています。
OⅢデータが加わると、あれい状星雲に翼が付いた様に見えます。

M27-RGB-AOO-HOSHINABI



撮影日  2018年6月28日
撮影地  阿智村星見小屋
μ250CRS with RD
SX-814 (-20℃)
Ha: 30m x 8、 OⅢ: 30m x 7
L: 10m x 6
R: 15m x 6
G: 15m x 5
B: 15m x 7
all 1bin

6月に入り、梅雨の中ですが、晴れ間に長野まで遠征をすることができました。
本年最初のTOA130を使用して、白鳥座のプロペラ星雲を撮影しました。

初日は、月の明かりが強く、心配したのですが、Hα画像は詳細な写りで問題ありませんでした。

二日目は、月は小さいものの、雲の通過が激しく、写りの悪いSⅡ画像が何枚かありましたが、
ほぼ期待した枚数を得ることができました。

三日目は、月の明かりはなく、快晴の中、良好なOⅢ画像を予定通り得ることができました。

プロペラ星雲は、水素輝線が最も強く、次に硫黄輝線で、酸素輝線は大変に弱いですが、
OⅢ画像を慎重に処理するとその分布が見えてきます。

SAO合成にて処理をしていますが、カラーシフトを丁寧に行うことによって、
SⅡ画像から薄い赤色を写し出すことができました。

111-A10D-S10A10O14-D3-ps_g-rgb-nik-si2pssi

撮影日   2020年6月8日、15日、16日
撮影場所  長野県 阿智村 星見小屋
TOA130NS with RD
SX-814(-20d)
Hα: 1200s x 10
SⅡ: 1200s x 10
OⅢ: 1200s x 14

↑このページのトップヘ